メニュー

お客様とメーカーの打ち合わせをサポート。ひとりじゃないから安心なわけとは

土地、建物、施工方法のイメージが固まり、事前審査の目処が立ったらいよいよ実際のハウスメーカーや工務店との打ち合わせです。トリスマはお客様とメーカーの仲介役として話し合いにも同席。その場で分からないことが出てきたりメーカーが提示する情報のどこに注目すべきなのかを解説します。

実は、メーカーとの打ち合わせはとても難易度が高いのです。もし、なんの計画もなく、予備知識もない状態で打合せに向かってしまったら? 結論から言うと、時間的金銭的精神的な負担が大きくなってしまうだけ。トリスマはそうならないためののお手伝いをするのです。

実際に打ち合わせの現場でトリスマができることについて、紹介していきましょう。

0からのスタートか、1からのスタートかで変わるお客様の負担

まったくの無計画、予備知識無し、どんな家を建てたいのかどこに土地を買いたいのかが決まっていない状態。

そのままメーカーと打ち合わせすると、どうなるでしょう? メーカーの担当者も、予算や土地の希望がまったくわからない状態ですね。当然、何をどう勧めたらいいのか、どんな提案をしたらいいのか、初回の打ち合わせでそれが見えていません。

家を建てる側もメーカーがどんなことをしてくれるかわかっていないので、お互いに探り探りの話し合いが始まってしまうのです。
「なんとなく」ハウスメーカーに相談しに行ってしまうからなんですね。こういう状況は住宅建築の現場でよく起こりがちなケアレスミスといえます。

なぜかというと、探りあいながら家造りの方針の話し合いを進めるので、図面や見積もりが提示されるまでの時間が長くなってしまうからです。

あるいは、話し合ったものの、結果的にそのメーカーで希望の家が作れないと分かりすべてを白紙に戻さなくてはならないことも。トリスマが目指すのは、こういった時間的精神的なダメージをなくすことです。

トリスマが仲介することで、メーカーと0からの話し合いになってしまうところが1という情報を共有した段階でスタートすることが可能。話し合いがスムーズに進めば、引き渡しの時期も早められて今住んでいるアパートの家賃なども節約できます。余計な時間やお金のロスを防ぐことができるのですね。

お客様ニーズはすべてメーカーと事前に共有

トリスマで行ったヒアリングを通して得られたお客様ニーズは、事前にセレクトしたメーカーと共有をしておきます。そのため、初回の打ち合わせ時には図面や見積もりが作成されて、具体的な内容の確認を進めていくことができるのです。

事前カウンセリングで、お客様側の住宅に対するイメージは固まっています。イメージ情報を元にトリスマが希望に叶うメーカーをマッチングし情報共有しておけば、メーカー側からしても自分たちが得意としている施工方法やデザインを発揮できますよね。だから、双方にとっていい関係で家造りがスタートしますよ。

もちろん、メーカーが重視している家造りのポイントがお客様にきちんと理解できるようにトリスマスタッフが解説しつつ話し合いをリードしていきます。

図面を見たときインスピレーションが働くことが重要!

住宅設計の図面を初見で読みこなすのはかなり難しいことです。一つアドバイスしたいのが、印象に素直になってほしいこと。見た瞬間「この家いいな」「あれ、この間取りなんだか変だな」と感じたことはとても重要なのです。インスピレーションを大切にしてほしいのですね。

間取りや広さを確認していきながら、「この家が立ったらとてもいい暮らしができそう!」、と感じられることが理想なのです。もしも、疑問や違和感を感じ、話し合いを進めてもそれが払拭出来ないのだとしたら、他のメーカーを検討することも視野に入れていきましょう。

数社を比較したい、他のメーカーに替えたい。そんなときもトリスマが間に立って交渉します

話し合いをした結果、もっと他のメーカーも比較してみたい、このメーカーはちょっと違うから断りたい、ということは十分ありえます。そうならないために事前にトリスマで行うカウンセリングで、どんな些細な希望もお話していただきたいと考えています。

でも、どうしても断りたいという状況になってしまった、そして自分からは言い出しづらい。そんなときは、お客様のそうした意思をトリスマがメーカー側にきちんと伝えます。なので、難しい交渉をお客様が負担することはありません。

打ち合わせの場において、トリスマスタッフは総合司会のような立場を担当します。スムーズにお家が建つように効率のいい打ち合わせをリードしますのでご安心ください。

打合せまえの住宅見学を行うことも

お客様のニーズとマッチングしたメーカーによっては、モデルハウスを持っていたり、タイミングよく完成見学会を行っていることがあります。実物の住宅を見ることは、間取りや建ったときの全体像のイメージをふくらませるために最適な対象です。

だからこそ、お客様が希望される場合には、打ち合わせ前の住宅見学に同行してご案内をします。とはいえすべてのメーカーがモデルハウスを持っているわけではないので、確実に見学ができるとは言い切れません。あくまでも可能な場合のみ、希望されるときのみだとご承知おきください。

まとめ・スムーズな打ち合わせのサポートをします!

トリスマで一度カウンセリングをし、そのメーカーと打ち合わせすることで、家造りがスピードアップできます。

「最初からメーカーに相談するほうが早いのでは?」

とお考えの方も多いかもしれませんね。でも、解説してきたように探り探りの話し合いでは結局具体的な相談ができるようになるまでに時間がかかってしまうのです。時間もお金も余計に投資しなくてはいけません。それはお客様だけでなく、メーカー側も同じ。トリスマは双方の仲立ちとして、お互いにローストレスで打ち合わせをすすめられるようにサポートすることを目指しています。まず大切なのは、ゴールとして「の完成した家のイメージ」を明確化することです。

長く暮らす家ですから、最初に時間をかけることがとてもたいせつなのです。

 
無料 無料ご相談予約 無料ご相談予約
無料 無料イベント予約 無料イベント予約