メニュー

【新築作りの落とし穴まとめ】起こりがちな間違い5選

新築を考えるとき、まずホームメーカーや工務店、あるいは住宅展示会などに行ってすぐ契約してしまう、ということがよくあります。

しかし、それでは自分の理想とする家が立たないということも往々にしてあるのです。なぜでしょうか。見積書の見方、注文住宅でできること、家造りでは知っておかなくてはいけないことがたくさんあります。それらの知識が無いままに契約まで進んでしまうから、施工主をおいてけぼりにして打ち合わせがどんどん進んでしまいます。

今回は、新築を建てたい施工主の人に対して知っておいてほしい起こりがちなミス5選についてまとめました。まずこれらの5項目を知って、その上でメーカーを選んだり資金について考えたりしてみてください。

見積もり比較で理想の家が建つとは限らない

見積もり書を重要視している施工主さんは多くいます。予算は限られていますから、自分に出せる範囲でどんな家が建つのか心配になるかもしれませんね。

ただ注意してほしいのが、「見積書」の他に「資金計画書」という文書もあるということです。見積書には建物の工事に関わる費用だけが書かれていて、資金計画書には登記や外構工事を含めた家が「自分のものになるまで」にかかる資金が書かれています。

そして見積もり書や資金計画書のテンプレートはメーカーのオリジナル。会社によって異なるのです。そのため見積書だけで各メーカーの比較をするのはかなり難しいといえます。さらに、資金計画書だけでは具体的なデザインをイメージできなかったり、複数のメーカーで見積もりをお願いすると値引き合戦が起こってしまうなどの問題出てくるかもしれません。

参考記事はこちら

見積もり比較で理想の家が作れるとは限らない

 

注文住宅なら自由に設計できるとは限らない

計画 実行

注文住宅ならどんな要求でも聞いてくれる、というのが2つ目に起こりやすい勘違いです。実はフルオーダーとセミオーターの違いがあります。

セミオーダーの場合は決まった仕様や規格の中から好きなものが選べる、というものです。その中に自分がほしかったキッチンやお風呂のメーカーが含まれていないということも当然起こりえます。

フルオーダーの場合、間取りや家の向きなどほぼ自由に決められます。ですが、

  1. メーカーの掲げるコンセプトと自分たちの希望がマッチしていない
  2. メーカーによってできる施工やデザインは力量差がある
  3. こだわりが強すぎると流石に対応できないかもしれない

この3つを意識しておかないと、話し合いが進んだ後でやっぱり他のメーカーに、ということになってしまいます。注文住宅なら何でも叶えてくれる、と頼り切るのは危険ということですね。

参考記事はこちら

注文住宅なら自由に設計できるとは限らない

知名度の高いメーカーだから安心というわけではない

メーカーの知名度は必ずしも安心を担保しない、ということも重要です。大手ハウスメーカーには、

  • とにかくレスポンスが早い
  • 資金が豊富
  • 経験も豊富

などのメリットがありますが、スピードが早くなるわけは精密なマニュアルが作られているからであり、何もかもきっちりしすぎていて選択肢が限られてくるというデメリットも意識しておかなくてはいけません。

さらに担当者の接客もしっかりしているので、人によっては「なんだかしつこい」と感じることもあるかもしれません。

その分、地域の工務店ならじっくり話し合いをしつつ、希望の家を一緒に作っていくことができます。それぞれメリットとデメリットがあるのですね。

参考記事はこちら

知名度の高いメーカーだから安心というわけではない

注文住宅で起こりがちな土地選びの失敗

家を建てるときに「まず土地がないと!」と考える人も居ます。そのためとにかく安い土地を先に買ってしまう。しかし、実は上下水道管を引くなどの諸工事の費用を含めるとかなり割高になってしまったりします。

また、資金計画ぬきで先に土地を買ってしまう。たとえば予算が3000万円なのに1500万円の土地を買ってしまうとローコスト専門のメーカーしか選べなくなってしまうのです。

さらに自己資金0で土地代含めてローンを組む場合、「どんな家が建つのか」という仕様が分かっていないとそもそもローンが組めません。だから、まず土地を自分の目で見て買うかどうか決める、建物の具体的なイメージを作ってから土地を探し、イメージに合うメーカーを探すということが必要になります。

参考記事はこちら

注文住宅で起こりがちな土地選びの失敗例

接客力の高さ≠自分に合ったメーカー

女性 接客

大手メーカーに相談に行って、接客力の高さで安心してしまいすべてを任せてしまうというのも起こりやすい失敗例です。大手ハウスメーカーは接客や営業に対するマニュアルや教育がしっかりしています。だから、接客力の高さは基本スペックのようなもの

さらに必要な書類を揃えるまでが早い、返事がスピーディー、設計図をすぐ提案してくれるなどのスキルも持っていますが、この庶務手続きは大手メーカーならどこを選んだとしてもそれほど力の差は感じられないものです。

そこで事前にメーカーの情報を調べて、複数の会社を比較してから相談に行くほうがおすすめです。

参考記事はこちら

メーカーの接客力が高い=自分に合った住宅会社では無い

まとめ・予め情報を得ておくと失敗を避けられる

新築を作るときは、見積書の仕様や専門用語など普段馴染みのないものに触れる機会が多くなります。そのため不安を感じる方も多いのでしょう。接客力に安心してしまったり、レスポンスの速さに感心してしまうというケースが多いのです。

それは大手ならば基本的なことですし、工務店の返事が遅いからと行って家造りの技術に劣るわけでもありません。大切なのはどんな家、どんな暮らしを望んでいるかはっきりさせることなのです。

その上で、あらかじめメーカーの特徴を調べ、比較して相談に行くのがいいですね。メーカーの情報に関してはトリスマが網羅しています。気軽に相談してください。

 
無料 無料ご相談予約 無料ご相談予約
無料 無料イベント予約 無料イベント予約