メニュー

鳥取県の新築で太陽光発電は設置するべき?時期、蓄電池、V2Hの選び方を解説

新築時に太陽光発電パネルを自宅に設置するべきかどうかをまとめました。山陰地方は日照時間が不安点なので、売電の効率は決してよくありません。だから、自分たちで使う電気を自分たちで作るという目的での設置をおすすめします。

なぜ家を新築するタイミングが太陽光パネルの設置に適しているのか、太陽光発電パネルと同時に蓄電池やV2Hシステム機構を設置するメリットはなにかについて説明しましょう。

新築計画の中に、太陽光発電パネルを組み入れるべきか迷っている方は、参考にしてください。

鳥取市周辺で新築時に太陽光発電パネルを設置する意味

鳥取市周辺の新築住宅に太陽光発電パネルを設置することの意味は、売電ではなく自宅で活用する電気の生産です。日照時間が太平洋側に比べて短い山陰地方は、売電して収益があがるほどの発電力が見込めないからです。

その代わり、自宅で昼間の電力を補う量は発電できると考えられています。特に2022年以降年料高騰やロシアウクライナ問題に関連して、電気料金は上がり続けています。今後も楽観視は出来ない状態です。

加えて、日中の電気料金を安く設定している電力会社はほとんどない状態です。つまり、夏場にエアコンを使う事が多い時間帯で、高い電気料金を払わなくてはいけなくなるのですね。そこで、自然エネルギーへの移行に公的資金が投じられています。新築時に太陽光発電パネルを設置すると、補助金や助成金を受けることも出来て費用対効果も良くなります。

では、あえて新築時に太陽光発電パネルを設置する意味について見ていきましょう。

山陰地方で新築に太陽光発電パネルを付ける意味とは。売電より節電に効果的

新築時に太陽光発電パネルをつけるのが最も利便性が高い

新築 太陽光パネル

自宅の新築の際に太陽光発電パネルを着けてしまうのがいい理由として、事務手続きや商品探しが簡単に済むということが挙げられます。

太陽光発電パネルとは、価格に幅あるわりに性能の差があまりないので、どの商品を選んだらいいのか分かりづらいものなのです。住宅メーカーに依頼すれば、取引のある企業のパネルを勧めてくれるので商品選びの手間が省けます。

また、助成金や補助金を申請するための事務手続きも代行してくれるので、時間がない人は助かります。さらに、送電のためのコードを屋内に配置して外から見えにくくすることも出来ます。

このように、施工や手続きの手間を省くためにも、新築時に太陽光パネルの工事も同じに行うことが望ましいのです。

新築時に太陽光発電パネルを取り付けるメリット。導入が一番簡単になる

 

太陽光発電パネルと蓄電池を併設するメリットとデメリット

太陽光発電パネルと蓄電池を併設するメリットは、日中作った電気を災害時や停電時、夜間に効率よく使えることです。特に、災害が起こって電気が泊まってしまったとき、避難所に行かなくても自宅で生活をすることが出来ます。

また、夜間の電気料金が安い時間帯に蓄電を行い、発電量の少ない雨の日に利用するという使い方も出来ます。ただ、蓄電池は本体が100〜200万円と高額なため、簡単には手が出ないことがデメリットと言えます。また、本体が高温になると危険なため、直射日光の当たる場所に置くことが出来ません。さらに、容積がかなり大きいので置く場所が限られてしまうこともデメリットです。

では、こうした設置場所の問題をクリアするためのV2Hという選択肢についても見ていきます。

太陽光発電パネルとV2Hを併設するメリットとデメリット

V2Hとは、太陽光発電パネルで作った電気を電気自動車のバッテリーに蓄電するシステムのことです。設置場所に困らない、蓄電池よりも高性能で軽量、ガソリン代の節約が可能になるというメリットがあります。

しかし反面、車が動いている間は蓄電が出来ないことや、電気自動車が無いとそもそも意味がないというデメリットも考えておかなくてはいけません。

ですが、電気自動車もV2Hも設置するための助成金の申請が可能です。近年、化石燃料への依存からの脱却を目指し自然エネルギー利用が加速しています。軽自動車のEV車も開発されましたし、今後数年単位で電気自動車もさらに手に入りやすくなる見込みはあります。

まとめ・太陽光発電パネルで自分たちの使う電気を賄う

新築 太陽光発電パネル

太陽光発電パネルで発電した電気を売って、収入を得るという構図が一般的に知られています。しかし、鳥取市周辺では必ずしも最適な使い方ではありません。電気の買い取り価格も低くなっている上に、もともとの発電量が不安定だからです。

その代わり、鳥取市周辺でも環境次第で自宅でつかう電気を賄うことは十分可能です。蓄電池やV2Hを併用すればさらに利用効率が良くなります。電気代を節約できて、浮いたお金でお子さんの学資や将来の貯蓄にあてることも可能です。

もちろん、太陽光発電パネルや蓄電池はそのものが高額です。本当に自分たちの生活にマッチしたアイテムかどうかわからないこともあるのでは。

トリスマスタッフは、太陽光発電パネルや蓄電池の設置がお客様の新築にとってどれだけメリットがあるが、客観的に判断出来ます。まず情報がほしい、という場合にお気軽にご相談ください。

無料 お問い合わせ お問い合わせ
無料 無料イベント情報 無料イベント情報