メニュー

価値観をはっきりさせることで理想の家と暮らしが実現します

多くの人が、住宅建築を考えるとき、予算や土地のある場所や建物のデザインからメーカーを選ぶことでしょう。出せる範囲の予算で家を建てるのは大前提ですし、住所は仕事と関わることもありますから、当然といえます。

ですが、本当に大切なのは自分が家に求めている「価値観」をはっきりさせて、計画を建てたりメーカーを探すことなのです。家に対する価値観とは、暮らしに対する価値観と言ってもいいですね。

トリスマでは、独自の価値観診断を設けており初回のカウンセリングのときなどにお客様に体験していただいています。どうしても譲れない条件、できればあるといいなという条件をひとつひとつ確認していきます。

今回は、価値観の固定化の大切さと、価値が見えてきたところで気をつけたい注意点について解説していきます。

多くの人が自分の価値観を知らずメーカーを訪ねている

家造りを計画し始めると、まず工務店や住宅メーカーに行ってしまうひとがほとんどです。この場合家、土地、暮らし、予算などに対する価値観は認識出来ていない状態でしょう。

メーカーは、当然独自の家の価値観を持っています。予備知識無しでメーカーに相談すると、自分の価値観よりメーカーの価値観が優先された家造りが始まってしまうのです。メーカー側は自分達の価値感に自信を持っていて当たり前。決してお客様に不利な話を進めてくるわけではありません。とはいえ、初めて行ったメーカーで自分の希望にピンポイントな価値観を提示してもらえるとは限りません。

メーカーの提示する価値が施工主の望む価値と一致しなくては、話し合いも時間のロスにしかなりません。そこで、最初に家に求める価値をはっきりさせることが重要になるのです。

価値観診断・譲れない本音に気づく

トリスマでは、家造りの最初の一歩として独自の「価値観診断リスト」を作成し、お客様に体験してもらいます。ここで一部をピックアップしてみましょう。実際の診断のつもりで、任意に選んでみてください。

  1. 結露は避けたい
  2. いつも快適な温度で過ごしたい
  3. 防音をしっかりしたい
  4. 耐震性能は高いほうが良い
  5. 屋根は瓦にしてほしい
  6. 重厚感のある家に住みたい
  7. 外壁は汚れにくいものが良い
  8. 家族に寒がりや暑がりがいる
  9. 家中いつも快適でいたい
  10. 部屋干しすることが多い

類似するテーマがいくつかあるのに気づかれたでしょうか? もし、「暑がりや寒がりがいる」、「いつも快適に過ごしたい」といった類似の項目を複数選んだとしたら、それがあなたの大切な価値になるのです。

価値観は施工主だけでなく、家族の総意であることが大切

価値観診断は、ぜひ夫婦そろって、あるいは家族みんなで行ってほしいと考えています。家は家族全員のものですから、価値観のすり合わせをここでしていただきたいのです。

もしかしたら、譲れないポイントが夫婦で異なるかもしれません。夫婦の間にある価値観にずれがあることに気づくことはとても大切です。同じ家で一緒に暮らすわけですから、一方が我慢し続ける状態は避けなくてはいけないからです。家族みんなの理想を叶える家になることが理想なのですね。

もし価値観がずれているのなら、ズレの存在を意識して、どう妥協するのか、どうしても譲れないのは誰の価値なのかを共有するためにも、家造りに関わる主要な方にはすべて価値観診断に参加してほしいと考えます。

価値観が分かったら、事例を交えて現実的な相談にのります

診断の結果、家に求める機能性やデザインの価値観がはっきりしたとしますね。でも、その機能やデザインが実装されたあとのことまではまだわかりません。どんな暮らしになるのか、想像することしか出来ないですよね。

トリスマスタッフは豊富な経験に加えて、随時アップデートされるメーカーの情報を網羅しています。情報をもとに、ご希望の機能性能の住宅の実際についてお客様に説明します。

例えば「全館型空調システム」という、一台の空調設備で家全体を快適な温度湿度にできるというものを希望されたとしましょう。全館型はメリットの多い空調システムです。ですが、家全体が同じ気温ということは、家族間の体感温度に差がある場合には誰かが我慢しなくてはいけない、仕方なく一人だけ部屋で別の空調を使わなくては行けない。結果として意味がないという事例もあるのです。

こうしたデメリットについて説明することで、「やっぱりこの機能は必要じゃないな」「もっと他の内容にお金をかけたいな」ということが事前に判断できます。だからこそ無駄のない本当に自分に必要な機能性能を持った家造りが可能になるのです。

まとめ・価値観にぴったりなメーカーを即紹介

住宅に求める価値が明確になったら、それを叶えてくれるメーカーを即座に紹介できることがトリスマの強みです。自分でメーカーの情報を調べなくても、ぴったりの住宅メーカーの情報がストックされているからです。

価値観とは、暮らしの価値観であり、生活の価値観でもあります。お金や場所だけでは測れないものがあります。ですが、メーカー側からこのテーマについて質問されることはほぼありません。この先の夫婦間、メーカー間の話し合いをスムーズにしていくためにも、価値観チェックは最初にしておくべきとても重要なものです。ぜひ、実際のリストを見ながら自分たちの住宅の価値観を再確認してください。

 
無料 無料ご相談予約 無料ご相談予約
無料 無料イベント予約 無料イベント予約