メニュー

住宅ローンを組むために不可欠な5つの項目チェック

自分たちの家を作るのに一番大事なことはなんでしょうか? それはもちろんお金の問題です。ローンを組むということは、「金融商品の買い物」です。一括でないので忘れがちですが、予め出せる金額以上の「買い物」はできません。

そのため、自分たちでもローンが組めるのかを知っておくことは重要です。資金額がはっきりしないことには、どんな場所で、どんな建方で、どのくらいの大きさでなど何も決められないからです。場合によってはせっかく組んだ計画が資金が足らないことによってすべて白紙にもどってしまうことだって起こりえます。

それを防ぐために、事前審査の概要と審査に必要な5つのチェック項目について解説しましょう。「お財布の中身」をスッキリさせ、万全の状態で審査に臨むために必要なポイントについて見ていきます。

住宅ローン、借りられない? 借りられる? いくら借りられる?

住宅ローンを組むために事前審査を受ける必要があります。では、そもそも事前審査とはどんなものなのでしょうか? 簡単にいうと、金融機関が融資先に安心して金商品を売ることができるのか、ということの確認です。信用が試されているということですね。

金融機関が行う事前審査は主に、職種、勤続年数、債務者の年収、勤務形態、既存借入を基にする審査だと考えてください。それぞれの数値が変わることによって、借入の可否、最終的に借りられる金額が変わってきますから。

そのため、トリスマでもまずこの5つの項目について詳しく聞き取りをさせていただいています。一般店は工務店やハウスメーカーでも同様の聞き取りが行われます。お金の話はすごくプライベートな問題ですから、いきなり話すのがためらわれる。そんなときこそトリスマをご利用ください。

お客様の職業や資金の状況を判断した上で、最適な金融商品を扱っている金融機関をセッティングします。トリスマはつねに複数の金融機関との連絡関係を密にしています。だから、一家庭一家庭にぴったりな金融商品を迅速にアドバイスすることができるのです。

では次に、5つの項目の内容を具体的に見ていきましょう。

事前審査の5項目・理想の家造りのための第一歩について解説

住宅ローンを組むには、自分に可能な支払金額を把握することが大切です。お財布の中身を確認するようなものですね。ポケットにいくら入っているのか知らずに、買い物に出かけることはありませんよね。ローンも同じです。まずは自分の持っている「資金力」を知らなくてはいけないのです。

そのために、必要な5つの項目とは? 実際に確認される内容について解説します。

勤続年数

まず、現職で何年働いているのかについてですね。鳥取にある地方銀行は勤続年数が1年以上必要とされています。安定して働いている人なら、資金力もあると信頼できる、あるいはその基準になるというということです。

ですが、事情があって転職をし、まだ1年以上職場経験がない人もいるでしょう。その場合、例えば国が提供しているフラット35では、勤続年数を申込要件としていない為、1年未満でも審査対象となる金融商品です。

職種

主に支払いを担当する人、「債務者」がどんな仕事に就いているのかも重要な項目です。もちろん、職業差別につながるわけではありませんよ。でも、職種によっては転職が多かったりや資金繰りが不安定だったりと様々。なので、どんな職に就いているのかも金融機関は知りたいわけなのです。

ちなみに、先程勤続1年以上という条件が求められるのが一般的と言いましたが、仕事の種類によってはそうとも言い切れません。例えば専門性のある職種の場合、独自の知識技術を用いて行う仕事であり、その職業を継続する可能性が高いと判断されます。そこで、現職での勤続年数が1ヶ月程度でも審査対象となる場合もあるのです。

債務者の年収

債務者の年収も大切な調査ポイントです。とはいえ、最低限いくら必要なのかは、金融機関によって変わります。A銀行では100万円以上、B銀行では200万円以上などです。

金融機関が定めている最低年収を超えていないと、そもそもローンが組めません。口座を持っているかここに頼もう、勧められたから行ってみよう、と思っても断られてしまうかもしれないのです。行った意味がなくなってしまいますね。

その点、トリスマには各金融機関の最低年収を把握していますから、お客様が利用できる金融機関をすぐにアドバイスできるのです。

勤務形態

債務者がどんな形態で職に就いているのかも聞き取りされます。正社員なのかか、自営業なのか、パートなのかなどですね。ちなみに役員など責任あるポジションに就いているとしても、それが大手なのか、スタートアップ企業なのかによっては審査の結果が異なる場合もあります。

とはいえ、この項目はわかればよし、という程度のもので。必ず言わなくては行けないものではありません。ただ、どんな業種なのかは聞かれることが多いと思ってください。

既存の借入額

すでに組んでいるローンの残金がいくらなのか、毎月の返済額の合計はいくらなのか、どこから借り入れをしているのかも聞き取り対象です。自動車ローン、教育ローン、携帯電話ローンなどですね。既存の借入金額が多いと、新たに借り入れられる金額が少なくなってしまいます。

その対策として、銀行によっては既存の借入金を一端自社が負担し、事実上残高0という手続きを踏むことがあります。残高を銀行が肩代わりする分、一度に借りられる金額が高くなります。債務がなくなるわけではありませんが、最終的な借入可能額が変化するわけです。

以上の5つの要素について検討してから、住宅ローンを組める金融機関をアドバイスしていきます。

金融機関が決まらないとそもそも家が建てられない

トリスマは事前審査を早期に行うことが重要だと考えます。現実にどれくらいの金額が支払い可能なのかが分かって初めて、どこに土地を買うか、どの程度の大きさの建物にするのか、デザインは、外観は、内装はなど具体的な話ができるようになるからです。

ですが、可能な資金額がはっきりしないまま土地の購入や工務店との相談を進めてしまうケースがとても多い。金銭的な話を抜きにして間取りはこう、内装はこう、キッチンはバスルームはといわゆる夢が広がってしまう状態です。

ほぼ具体的に家の計画が立てられたのに、金融機関に行ったら借り入れられる上限が建築に必要な費用に届かなかった、ということも現実に起こっているのです。

そうなると、せっかくすすめた計画は白紙に戻さなくてはなりません。時間的にも大きなロスになりますし、何よりお客様の精神的な負担が大きくなってしまいます。思い余って無理な借金をすることにも繋がり、のちのち支払いができなくなる危険もあるのです。

夫婦、家族での話し合いが最も大切です!

そうなることを防ぐのに大切なのは、お互いの資金状況を夫婦、家族間で話し合っておくことです。家族に対してもお金のことは話しにくいかもしれません。でも、ここで足並みを揃えないと、理想と現実計画の大きなズレにつながってしまい、最終的にせっかく建てた家を手放すなどということも起こるかもしれません。

月々いくらまでの支払いなら可能なのかを必ず確認し合いましょう。一生暮らす家、ずっと一緒に暮らす自宅ですから、ここで話し合いの時間を惜しんではいけません。

まとめ・事前審査は早めに。金額を把握してから家造りをスタート

事前審査の内容と重要性について解説してきました。トリスマは資金面の確認をできるだけ早期に行うようにしています。今の生活を維持しつつ無理のない範囲で支払える金額がわかれば、結果的に理想の家、理想の暮らしを実現できるからです。

しかし実際の家造りの現場ではこの順番が逆転しているケースが多く見られます。繰り返しますがローンはそもそもお買い物。お財布の中身以上の買い物ができる人はいません。自分の年収、既存の借り入れなど、まず自分でリスト化してみるのはいかがでしょうか。難しければトリスマスタッフが丁寧にサポートしますよ。

 
無料 無料ご相談予約 無料ご相談予約
無料 無料イベント予約 無料イベント予約