メニュー

家を建てる前に必要な土地選びと建物に関するイメージ作り

家を建てることを決めたら、まずは勉強しなくてはいけないことがあります。それは「土地」と「建物」について。
当たり前のように聞こえますが、同じ価格、同じ広さの土地でも、最終的なコストが大きく変化する場合があるのです。

それと関連して、建物にどれだけコストを掛けられるかも変わってきます。だからこそ土地の知識と建物のイメージ作りはとても重要。今回の記事では、土地選びに必要な最優先条件「マスト」と、できればあるほうがいいなという条件「ウォンツ」を明確化し、最終的にここで暮らす! というビジョンが見えてくるまでにトリスマが行うサポートについて解説していきます。

一番譲れない条件を探す

トリスマが一番大切にしているのは、土地選びに関して

「これだけは譲れない」

という絶対条件を一つ決めることです。多くの人がまず価格のことを想定して家づくりを始めます。ですが、実際に家が建って暮らし始めてみると

  • 家に接している道路の道幅
  • 家が立つ方角にあるもの、日当たり
  • 子どもが通う学校の校区
  • 近隣の住民との関係
  • 町内会の役割負担
  • 災害が起こりやすい環境か

など想定していなかった問題が出てくることが多いのです。だからこそ、もっとも重要なニーズ「マスト」を決めることが大切になります。マスト条件を絞り込んで初めて、土地の条件や建物の条件を決めることが出来ます。

災害が起こったときに対処しやすい環境なのか、お子さんがいる場合は家を建てたことで小学校や保育園を変わらなくてもいいのかなど、考えておかなくてはいけないことはたくさんあるのです。トリスマと一緒にマスト条件を探していきましょう。

イメージがまったくない人の場合・聞き取りでニーズを掘り出す

とはいえ、マスト条件を探すのは簡単ではありません。そこで、イメージがまったくない状態で家造りの相談をしたいという場合には最初にヒアリングシートを使って潜在的なニーズを探していきましょう。

たとえば、

  • 分譲地に家を立てたいか
  • 坪数はどのくらいを希望するか
  • 周辺の道幅が広いほうがいいか
  • 住民との関係性を重視するか
  • 建築エリアの希望はあるのか
  • 年収を踏まえた総予算は

このような聞き取りを行います。すると、土地はすでに購入している、建物の予算は2000万円、年収を考慮して事前審査を行えるかどうかなどなど少しずつお客様の具体的な状況が見えてくるのです。それによってより具体的な土地探しが可能になります。自分の現在の状況というの意外にに自覚出来ていないものです。だからこそ最初のヒアリングでしっかりと「やりたい」「やりたくない」をはっきりさせることが重要なのですね。

土地も建物もニーズがはっきりしている人には即メーカー等を紹介

もう場所や建物のデザインなど具体的なイメージを持っているお客様もいらっしゃいます。そうした場合には、さらに詳しい提案を行って最終的なメーカー選びまでをサポートします。

すでに自分で独自の勉強を進めて、建築場所も建物のニーズもはっきりしている場合ですね。独自に調査を進めた上でトリスマにご相談いただくものもちろん歓迎します。

こうしたお客様はマストとウォンツがはっきりしていますから、ぴったりな工務店やハウスメーカーをすぐに紹介させていただきます。一件だけにとどまらず、候補となる会社を複数上げて、その中から引き算方式で条件を照らし合わせる。最終的な契約に至るまでをしっかりフォローさせていただきますよ。

ニーズが固まってもマストが分からないときはより掘り下げた提案を

ニーズははっきりしているけれど、まだ具体的なイメージが付いていないということもありますよね。そんなときは、さらに掘り下げて選択しを広げていきます。

土地にこだわりがあるのか?

たとえば土地から購入したい、予算は1000万円としますね。ウェブの不動産情報には、土地代1000万円で探せばたくさんの物件が出てきます。

しかし、価格は1000万円だとしても、水道設備を敷かなくてはいけない、道幅によってはセットバックといって建物を建てられるスペースが限られてくる、段差がある場合には解消しなくてはいけない、地盤が悪い場合は土地改良を行わなくてならない。このような費用を加算していくと、合計は1000万円よりかなり高くなってしまうのです。

その点トリスマは土地に関する詳細な情報を持っています。「ここの土地に建てたい」という希望を聞いた上で、上に挙げた例のような加算分が発生しない土地なのかを把握しています。そのため安い土地でも最終的な金額が高くなるのか、高い土地なら余計な費用が発生しないのかなどを詳しくご説明することができるのです。

また、建築条件付き物件という土地もあります。これは決まったメーカーを利用して決まった土地に家を建てるようにセッティングされている物件です。条件付きではない場合にくらべて割安である可能性もあるので、土地にこだわりがある場合に有利に使える可能性もありますよ。

建物にこだわりたいのか?

逆に建てる場所はある程度妥協してもいい、子どもが転校や転園になっても対応できる。でも建物には絶対にこだわりたい。そんな場合もありますよね。こういう妥協点を見出すことも家造りには欠かせません

できるだけ土地を安く購入して、その代わりにデザインや機能性にこだわった家に住みたい。その場合は、土地選びの選択しもある程度広げることが出来ます。トリスマは土地か、建物かどちらにウェイトを置けば理想の暮らしが実現できるのか情報提供します。

まとめ・生活のビジョンが浮かぶ土地探しをお手伝い

自宅に対するニーズを明確化し、マストをウォンツを決めてさまざまな条件を整理していく上で最後に確認していただきたいのが、実際に土地に脚を運び

この場所にこんな家を建てて、毎日暮らしている自分と家族の姿

が思い浮かべられるかどうかです。これは家造りのモーストともいえる課題です。もし、おすすめした物件で暮らしていくイメージが浮かばないのなら違う場所を検討しましょう。金銭やデザインなども重要な条件ですが、最後はインスピレーションです。快適に暮らしていける自信が持てる。そんな物件に出会えるように、トリスマスタッフが必要な情報を提供していきます。

 
無料 お問い合わせ お問い合わせ
無料 無料イベント情報 無料イベント情報