メニュー

【鳥取市で新築を建てるなら】気になるローカル情報・価格編

鳥取市内で新築を検討する場合、全体の費用はどの程度必要なのか。いくら準備しておかなくては行けないのか。他の家庭はどのくらいの予算で土地やメーカーを探しているのか。

こんなことが気になるひとも多いのではないでしょうか。そこで過去にトリスマがサポートしたお客様の平均データを紹介しましょう。

平均契約価格、平均追加額、平均借入額について解説していきます。参考にしてください。

鳥取市の新築平均契約価格

鳥取市 新築 平均契約価格

鳥取市内では1,500万円〜2500万円で契約をする施工主の方がもっとも多くなっています。平均建築請負金額は2164万円程度。

ですがこれで家造りの全てがまかなえるわけではありません。2164万円、あるいは1500万円、2500万円というのは家を建ててもらうために必要な金額だからです。実際には建てた後に、外構工事といって駐車場や庭を整備したり、登記の費用、火災保険への加入代が必要になります。

契約前段階でも、金融機関へ調査のため提出する種類費用が必要です。見落としがちなものに、引っ越しに掛かる費用、家具家電の購入費もあります。

家造りとは直接関係ないものですが、生活するためには絶対に必要な出費も合わせて、予算を組むことが大切です。

契約後の平均追加額

鳥取市 新築 平均追加額

新築建設の予算を組んで契約したとしても、完成までに必ず加算分が必要になります。それは、メーカーの提案力とも関係します。

工事が進むに連れて、よい素材、よい設備のプレゼンテーションが行われることは非常に多く、予算になかった費用を形状しても是非ほしい。そう思う方が多いからです。

当然性能のよいキッチンやカーテンなどは高額になりますから、必然的に加算分が生じてくるというわけです。

注文住宅は特に金額が上がりやすい

注文住宅の場合はさらに金額が上がりやすい傾向にあります。むしろ増額しないことは殆どないので、ある程度の増額は予め想定しておかなくてはいけません。予算として考えている金額の1割は予備予算として控えておくと安心です。

特に金額がアップしやすい項目として

  • キッチン周り
  • 外壁材
  • バス・トイレ

などがあります。キッチンや水回りの機構は、高機能、高性能を求めるとどんどん高額になります。外壁材は家全体を覆うものなのでそもそも単価が高く、品質が上がることで思いがけない増額に繋がりやすいのです。

注文住宅における増額しやすい項目についてはこちらの記事でも紹介していますので、参考にしてください。

【新築にかかる費用⑤】注文住宅で増額しやすい5項目

平均借入額

鳥取市 新築 住宅ローン

平均借り入れ額は約3200万円です。最低額だと1000万円。ごく少数ですが800~900万円の借り入れで決済できたケースもあります。しかし、鳥取市内では2021年9月現在地価が上がる傾向にあり、1000万円以下の借り入れで家を建てるのはかなり難しくなっています。

ローンを組む場合は、最低1000万円以上目安に考えておきましょう。

鳥取市内では地方銀行から借り入れが7割

借り入れ先のパーセンテージでは、地方銀行がもっとも多く全体7割です。普段から利用している銀行なので、相談がしやすいかもしれませんね。

これからローンの審査を考えている施工主の方は、まず口座のある銀行に相談に行くといいでしょう。
実は、事前に審査を受けておかないと、借入可能額=出せる金額の目安が分かりません。気に入ったメーカーがあっても資金が足らず、諦めなくては行けなくなる場合もあります。

そのため金融機関への審査の相談は早めに行うように、トリスマはおすすめしています。

こちらの記事も参考にしてください

住宅ローンを組むために不可欠な5つの項目チェック

 

 
無料 お問い合わせ お問い合わせ
無料 無料イベント情報 無料イベント情報