メニュー

トリスマで鳥取市の住宅メーカー選びが最短2時間

トリスマの特徴は、最短2時間で鳥取市の住宅メーカーの比較検討ができることです。注文住宅を建ててくれるメーカーは、鳥取県東武地区だけで約100社もあります。この中から、自分にぴったりなメーカーを探すとしたら、いったいどれだけの日数がかかるでしょうか。

トリスマなら、通常何日もかかる説明や打ち合わせを一括してご説明可能です。特に、あまり時間をかけられない、長い話し合いがストレスという方に利用のメリットがあります。

では、なぜ住宅メーカー選びが難航してしまうのか、トリスマがどのように時間短縮を実践しているのか解説しましょう。

 

一般的な住宅メーカーでの打合せは平均8時間かかる

新築を建てるためのメーカーとの打ち合わせには、1社で平均8時間かかるのが一般的だとトリスマは考えています。契約を結ぶまでには大きく以下の4つの行程があるからです。

  1. 新築住宅見学会に行く
  2. 興味が湧いて説明を受ける
  3. 具体的な間取りなどの相談をする
  4. 見積りと設計図面が上がってくる

一つの行程のやりとりにだいたい2時間ずつは必要なので、合計額8時間はかかってしまう計算なのですね。しかもそれで納得できなければ、メーカー選びが白紙に戻ってしまうのです。結果として、2、3社の比較検討を終えるまでに数ヶ月かかるということが多くの現場で起こっています。

子どもたちにとっても高ストレス

数ヶ月という時間をやりくりしてメーカーと打ち合わせの場を設けることは、子どもたちにとっても非常にストレスです。大人が話し合いを続けている間ほど、幼児にとって不満なこともありません。おもちゃで遊んでいたとしても限界がありますし、自分たちが関係ないことにお父さんお母さんをとられている。こう感じることに、小さな子どもほど耐えられないものですから。

さらに、赤ちゃんを抱えた家族だともっと大変ですね。おしめやミルクのタイミングを考えたり、お母さんが抱っこしたままでないと話ができない。これを経験してへとへとになってしまうという家族は本当に多いのです。

 

共働き家庭だと時間のやりくりが無理なことも

さらに、ご夫婦ともに仕事をしている場合は、打ち合わせの時間そのものが取りづらい場合もあるでしょう。自営業や不規則勤務の方ではなおさらですね。

スケジュールがうまく組めないと、一度目の話し合いから次の話し合いまでに時間が空いてしまいます。その間にも新しいメーカーの情報が入ってくることがあるかもしれません。あちらこちらとのやりとりのスケジューリングをすること、これも施工主家族の大きな負担となっています。

トリスマはメーカーの説明からヒアリングまでを2時間で対応

トリスマでは見学会、商品説明、ヒアリングを一括して約2時間で行っています。トリスマスタッフには、ハウスメーカーで働いた経験があり、各社の特徴にくわしいからです。そのため、希望に叶う施工ができるかどうかを瞬時に判断力できます。

たとえば家電量販店に行くとしますね。オーブンレンジが欲しいとき、多くのメーカーの見本が並んでいて店員さんが機能の説明をしてくれます。これと同じことを、住宅に関して行うのがトリスマなのです。

トリスマ本社にも、鳥取市内にある各住宅メーカーの資料が取り揃っています。希望のメーカーの提案する商品の説明と、それが施工主様側のニーズと一致するかどうかを判断して別の商品との比較を行う。そのけっか、自分で取り組むと数ヶ月かかるメーカー比較が最短2時間で終了し、速やかに次の計画に移ることができるのです。

まとめ・トリスマ経由なら最短でメーカーと具体的な話し合いに進める

ハウスメーカーを決定するまでにかかる時間について解説してきました。時間がかかってもじっくり商品を検討して、納得の行く家つくりをしたい。こういう方針の方、比較的時間にゆとりのある働き方の方なら、スケジューリングのストレスにも対応できるかもしれません。

しかしすべての家庭が当てはまるわけではありません。むしろ、時間や資金に限りのある中でなんとか希望に叶う新築を作りたいというニーズの方が大きいのではないでしょうか。

トリスマはそうした施工主の方をサポートしています。比較に時間を掛けていられない、でもできるだけ詳しい情報を知ってメーカーを選びたい。この矛盾を叶えられるスタッフが揃っているからです。自分にぴったりの住宅メーカー選びはこちらの記事でも紹介しています。トリスマ独自のチェックリストを利用しつつ、最短で理想の会社を決めるお手伝いをしているので、気軽にご利用ください。

住宅メーカーが持つコンセプト4選。自分にぴったりな会社の選び方

無料 お問い合わせ お問い合わせ
無料 無料イベント情報 無料イベント情報